2016年07月11日

現役保育士が選ぶ0~2歳児におすすめの絵本【保育園でも大人気】

保育の隙間時間、何をしていますか?
手遊び?自由遊び?

色々な隙間時間の埋め方がある中で、絵本を読むという人も多いでしょう。

一口に絵本と言っても、世界中には素晴らしい絵本がたくさんあります。
今回は保育士がおすすめする、是非読みたい絵本と言うのをご紹介しましょう!

index.jpg

絵本は年齢に合ったものを選ぶのが一番のポイント?

絵本を読んでも子どもたちが興味を持ってくれない、と悩んでいませんか?
しかしその本、本当に子どもたちにとって一番合っている本でしょうか?

「だって、図書館で何歳向けって書いてたから。」という保育士さんがいます。
これは一般的にこの年齢に合うということを示してくれてはいますが、あなたの担任の子どもたちにとって一番合う本でしょうか?

今、一番クラスで興味のあることはなんですか?
年齢に合った本を選ぶのも必要ですが、それ以上に興味に沿った本を選ぶのが大切です。

年齢別に少しお勧めの本をご紹介します。
あなたのクラスで、一番いいタイミングでこの絵本を子どもたちに紹介してあげて下さいね。

0歳児におすすめの絵本!

0歳は絵本なんかみません。
正確にいうと、文章が書いてあっても読むことはできませんし、絵をみて「ぶーぶーだね」などと会話することもできません。

それでもなぜ絵本を紹介するのでしょうか?

文章をよむ、絵をじっくり見る、ということはないけれど、こういった絵本と触れ合うことで情緒豊かに育つからです。

そんな0歳児に紹介する本は文字など要りません。
本に絵が描かれていて、保育士の優しい声さえあれば、それで子どもは興味を持ちます。

大事にしたいのは、絵本の読み手と受け手(赤ちゃん)のコミュニケーションです。

中でも一番お勧めしたい絵本は
柳原良平作 「かおかおどんなかお」です。

この絵本には、ストーリーはありません。
しかし人間の感情を顔で表現しています。

「楽しい」「悲しい」「怒ってる」「眠ってる」など、日常で溢れている表情なんです。
0歳児は周りの大人の表情から社会性を養うと言われています。

お母さんの顔や保育士さんの顔をみて、相手がなにを思っているのかということや、自分がこんな行動をすると相手はどういう反応をするのか、というキャッチボールを学び始めます。

この絵本を紹介して、色んな感情に触れ合う機会を作ってあげたいですね。

1歳児におすすめの絵本!

1歳児といえども、まだまだストーリー性のある絵本は興味を持ちません。
一番興味を持ってくれるのは、単純明快なものです。

中でも、お勧めは
安西水丸作 「がたんごとん がたんごとん」です。

主人公は汽車です。
この汽車に子どもたちの日常に溢れている道具が乗り込みます。

この絵本は字をそのまま読む絵本ではありません。
子どもたちの興味に沿ってアレンジして読むことが必要になるんです。

アレンジというとちょっと難しく聞こえますが、子どもたちの身近なものを取り入れるだけで大丈夫です。

例えば、子どもが大好きなおもちゃを乗せてみたり、その日の給食で出た食べ物を乗せたりすることもできます。
歌の導入にも使えますので、汽車に好きな動物を乗せて、その動物の歌を歌うというのもできますね。

大好きな汽車に大好きなアイテムが乗りますので、子どもたちは大喜びですよ。

保育園でも、毎日リクエストされる人気の絵本です。

2歳児におすすめの絵本!

少しずつ会話を楽しみ、自分の気持ちを言葉で表現するのが2歳児です。
しかし、まだまだ語彙は少なく言葉だけでは表現しにくいことで溢れています。

生活面ではトイレトレーニングを始めたり、お箸を使いだしたりと、自立を目指している子どもも多いでしょう。
そこで絵本を紹介して欲しいのは、こういった生活習慣に寄り添った絵本です。

トイレトレーニングなどは子どもにとっても興味のあることです。
それについて絵本で伝えてあげると、すんなり理解できるという子どももいます。

そこでお勧めは
五味太郎作 「みんなうんち」です。

この絵本に限った事ではありませんが、五味太郎さんの絵本はイラストも印象的で、ストーリーも簡潔なものが多いです。
この「みんなうんち」は今、興味のあるトイレに関することですので、子どもたちも最初から興味津々です。

更に子どもたちが大好きな動物も登場します。
トイレトレーニングを薦める上で、ぜひとも使いたい絵本ですね。

著者

現役の保育士です。そのみち10年以上なのでベテランと自慢できる域・・・?

まとめ

いかがでしたか?

小さい子どもには絵本なんて必要ないと思っていた保育士さんが多いのではないでしょうか。

ぜひこういった絵本を読み聞かせて、子どもたちの成長発達をサポートしていきたいですね。お母さんがたにも喜ばれる情報ですので、ぜひシェアしてあげてくださいね。

次回は、もうちょっと年齢の大きなお友達向け(3~5歳児)の絵本をご紹介します。
posted by 保育士 at 18:00| Comment(0) | 保育士 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください