2016年07月15日

不器用でも大丈夫!壁面制作のコツ【作業編】

前回は、壁面制作を作る上で重要な「準備」についてご紹介しました。
なれた使いやすい道具や便利グッズの準備はお済みでしょうか?

では、実際に私が保育現場で学んだ壁面制作を簡単上手に作るコツをご紹介しましょう!
nendo_color.png

コツ①「付録を使う!」

学研が発刊している「Picolo」という保育雑誌をご存知ですか?
壁面制作を始め、季節の制作物などのヒントをくれるありがたい保育雑誌です。

雑誌の中身ももちろんとっても参考になるのですが、実は私が目当てにしているのはそれではありません。

この保育雑誌の巻末に毎回付いているものがあります。
それは雑誌の中で紹介してくれている壁面制作の型がみです。

大きさは小さいですが、この型がみを拡大コピーして壁面制作にぴったりの大きさにするとどうでしょう?!

あとは画用紙に合わせて切り抜くだけで、プロ級の壁面制作ができ上がるのです。
切って貼るだけで可愛いのができますので、本当にありがたいですよね。

また、他の保育園にいった時も、この「Picolo」っぽい壁面制作に出会ったことはありませんか?
きっとこの方法で作っているのだと思いますよ。

デメリットとしては、人気すぎて他のクラスの先生とかぶることがある・・・ということでしょうか。笑
そういった場合は、事前に打ち合わせておくことでかぶりを解消しましょう。

コツ②「まとめ切りをする!」

実は壁面制作に使う動物のパーツと言うのはまとめ切りをすることが可能です。

例えば、顔。
ウサギやゾウなどいますが、大抵、動物の顔は楕円形です。

そこにウサギなら長い耳がつき、ライオンならたてがみがつく、といった具合になっているのです。
そこで、この顔を一体ずつ作っていては時間が足りません!

ここは、一気にまとめ切りをして時間短縮をしましょう。

まとめ切りをする時は画用紙をホッチキスで留めます。
1つだけでは切って行くうちにずれてしまいますので、四隅をとめることをお勧めします。

これは先ほどの型紙の時も同じことが言えます。
型がみと画用紙を重ねて動かないようにしっかり固定しておきましょう!

この一手間をすることで、素晴らしい時間短縮になりますよ。

この作業をうまくおこなうためには、手に馴染んだ切りやすいハサミが必須なのです!私は小さな普通のはさみではなく、キッチンバサミをつかってやっています。
最近では100均でもしっかりしたキッチンバサミが売っていますので、さくさく切れるハサミを探してみてくださいね。

コツ③「制作を取り入れちゃう!」

壁面制作と言うのは結構なスペースを埋めなくてはいけません。
そこを真正面から壁面制作だけで勝負!となると、重労働です。

しかしここに子どもたちの制作物を掲示してみるとどうでしょうか?

季節の制作物と言うのは、必ず作らなくてはいけないものです。
その制作物を壁面制作の1つとして飾ってみると、子どもたちもすごくうれしく、毎日壁面制作を見てくれます。

子ども1人1人の制作にしてもいいですし、みんなの手形・足型をあつめてつくった大きな制作でもいいですし、とにかく「壁にかざれるもの」であれば何でもいいのです。

あなたは子どもたちの制作で余ったところをちょちょっと動物たちを飾ってあげるだけで他の保育園にはない、オリジナルな壁面制作が完成しますよ!

こどもたちの制作についても、まとめぎりや型紙利用などで簡単に準備を終えることができます。

著者

現役の保育士です。そのみち10年以上なのでベテランと自慢できる域・・・?

まとめ

壁面制作のコツは以上です。

私はとっても不器用で、保育園にはいってからこの「制作」「壁面制作」にとっても苦しみました。
ちゃちゃっときれいなものが作れる先生は、本当にうらやましいですよね。

でも、うまくいろいろなグッズや技を利用することで、クオリティのたかい壁面制作が簡単につくれちゃうんです。
真夜中まで徹夜で・・・なんてことにならないように、ぜひ簡単に良いものを作るコツを見つけてくださいね。
posted by 保育士 at 18:00| Comment(0) | 保育士 制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。