2016年07月20日

最近話題の「運動保育士」の資格はどうやってとるの?求人ある?

前回は、保育士業界で最近話題になってきている「運動保育士」という資格をご紹介しました。


近年の子どもの発育を考えると、とても必要な資格だなというのが理解していただけたと思います。

今回は、そんな運動保育士を目指す方法をご紹介いたします。


運動が苦手だから・・・という方も、内容は簡単なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

free-illust47361.png


運動保育士は資格?


運動保育士って聞いたことないけど、本当に資格なの?と思いますよね。


まだまだ認知度は低いですが、きちんとした資格になっています。

種類は「運動遊び実践」と「子育て脳機能」の2つになっています。


では運動保育士というのはどうやったらなれるのでしょうか?

運動音痴な人でも、講習をうけて子どもにわかりやすく・楽しく運動の仕方を伝えられれば良いのです。


実は、運動保育士になるにはそこまで苦労しません。


今、働いている人でも最短で半日で習得できる資格もあり、すぐに手に入れることができるものなんです。

初級・中級・上級と分かれているのですが、中級以上でも2日あれば習得できます。


運動遊びの設定に新しい観点からアプローチすることもできますので、手に入れて全く損はない資格になっています。


運動保育士は日常にもアプローチ


最近の子どもって怪我をしやすくなった、と思いませんか?

走り回ったり、飛び跳ねたり、子どもは昔から怪我をするものです。


しかし現代の子どもたちは、ちょっとこけただけで骨を折ってしまったり、ちょっと捻っただけで脱臼しちゃったり・・・なんてこともあります。


これはなぜこうなるのでしょうか?

子どもの身体が変わってきたのでしょうか?


いいえ、そうではありません。


子どもが運動をする機会が減ったことがこの理由です。

運動をあまり経験してませんので、自分の身体の動かし方が上手く分からないのです。


どこをどういう風に動かしたらいいのか?

反射神経を鍛えるにも経験がないので、できない、ということです。


どんな動きをしたら、どんなケガをしそうなのか?ということもわかりません。

昔、保護者の方から「歩くときはポケットから手を出しなさい!」と言われませんでしたか?

ケガへの対処法というのも、経験によって身につくものなんです。

でも、運動の機会が少ないと、これらの経験を十分に身につけることが出来ません。

前に転んでも、手を最初につけないという子どもも多いですよね。

転んで手をつかなければ大きなケガにも繋がります。


そこで運動保育士を通して、適切な運動を経験することで重大なケガに繋がるのを防ぐことができるんです。


怪我をしにくい子どもになれば、成長にも影響を与えません。

子どもの時に骨折したりしてしまうと、成人してからもそこの骨が少し曲がってしまってる、という話も聞きます。

正しい処置をしないと、曲がったまま骨がひっついてしまい、運動機能が不十分になることもあるのです。


誰だって骨は真っ直ぐなっていて欲しいものです。

見た目だけでなく、歩き方や動作などの機能にも影響します。


それは保護者も一緒でしょう。

自分の子どもが何の問題もなく大きくなって欲しいと望んでいるのです。


これらの予防と改善をできるのが、運動保育士なんです。


保護者からみても、普段不足しがちな運動を強化してくれる保育園や、きちんと資格をもって(=正しい知識をもって)指導してくれる専門の保育士さん、というのはとても心強い存在ですよね。

きっと、保護者のかたのいろいろな相談にものれるようになり、信頼感もアップすることでしょう。


著者


現役の保育士です。そのみち10年以上なのでベテランと自慢できる域・・・?


まとめ


いかがでしたか?運動保育士が大切な職業だということがご理解いただけたのではないでしょうか。


せっかく保育士になったのですから、現場で経験を積むだけではなく、日々新しい知識を取り入れてステップアップしていきたいですよね。


運動保育士としての採用という需要はまだまだ拡大されていません。

しかしこれから確実に需要は増えてくることでしょう。


今も東京の一部の自治体などでは積極的に運動保育士の採用をしている所もありますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

posted by 保育士 at 20:00| Comment(0) | 保育士 運動保育士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください